逆援助成功のコツ

セフレと逆援助それぞれのメリットは?

出会い系サイトや出会いアプリでセフレや逆援助の相手を探すのは、かなり一般的になりました。どちらも、男性にとって一度は経験してみたい関係ですが、どちらのほうが男性にとってメリットが大きいのでしょうか。今回は、セフレと逆援助を比較して、それぞれのメリットを検証します。

セフレは面倒な人間関係を気にせずセックスだけを楽しめる

セフレとは、セックスを目的とした体だけの関係です。セフレになると、お互いセックスをしたくなったときに相手を呼び出して楽しむことができるので、簡単に欲求不満を解消できます。

また、恋人など本命の相手には言い出せない性癖がある場合、その性癖を隠しながらのセックスでは興奮できないことがあります。一方セフレなら、性癖をオープンにして思う存分快楽を得ることができるので、興奮できなくなる心配がありません。

しかもセフレは割り切った関係なので、仲良くなるためにデートへ誘ったり、相手の誕生日を祝ってあげたりといった面倒なことをしなくても、関係を維持できます。相手を深く知る必要もないので、気楽に付き合えますし、恋愛関係のように束縛される煩わしさもありません。

逆援助では経済的なメリットが大きくセレブの生活を垣間見ることもできる

逆援助は、セフレと違って男性が女性に奉仕し、そのかわりに報酬をもらう関係です。自分の好きに振る舞うことはできませんが、その分経済的な面で大きなメリットがあります。

とくに逆援助をしてくれる相手がセレブ女性の場合、月に10万円以上もらえることもまれではありません。また、セレブ御用達のレストランや高級ホテルで楽しんだり、高級温泉旅館にタダで連れていってもらったりと、セレブの生活を垣間見ることができます。

相手によっては、セックスせずにデートをするだけで、逆援助してもらえることもあります。セックスしないことは、デメリットのようにも思えますが、相手の女性が自分の好みから大きく外れている場合、セックスせずにお金をもらえるのは、大きなメリットです。

自分にあった関係を選択しよう

セフレと逆援助には、それぞれに違ったメリットがあります。自由な関係でセックスだけ楽しみたいならセフレを選び、相手を楽しませることとひきかえに報酬を得たいなら逆援助を選ぶなど、自分にあった関係を選択しましょう。