逆援助成功のコツ

人妻と逆援助するときのメリット・デメリットについて

出会い系サイトや出会いアプリを利用して逆援助の相手を探すとき、人妻を狙うのが鉄板です。欲求不満の解消に出会い系を利用している彼女たちは、肉体関係にまで発展することが多く、交渉次第ではお小遣いをもらう仲になれます。ただしそんな関係がバレたときは、トラブルに巻き込まれるデメリットもあるので、注意が必要です。

人妻は簡単にセックスできてセフレや逆援助の関係に発展しやすいことがメリット

人妻をターゲットにする最大のメリットは、簡単にセフレや逆援助の関係になれることです。出会い系に登録している人妻は、セックスレスなどによって欲求不満になっており、そのほとんどがセックス目的で出会い系を利用しています。そのため、出会い系に慣れていない方でも、人妻なら簡単にセックスに誘うことができます。

その上彼女たちは、家庭が壊れることをおそれているため、セフレなどの割り切った関係を望みますし、取っ替え引っ替え相手を代えると不倫がバレる可能性があるので、少数の相手と長く付き合おうとします。お金を払ってでも関係を続けたいと考えることもあるため、交渉次第では、逆援助の関係に発展することも夢ではありません。

関係がバレると訴えられる危険性がある点がデメリット

人妻と肉体関係をもつときのデメリットは、夫にバレると非常に面倒なことになるということです。人妻とわかっていてセックスするわけですから、当然不倫になります。最悪の場合、不貞行為で訴えられて損害賠償を請求される可能性があります。

そういったトラブルを回避するためには、逆援助相手には、なるべく個人情報を渡さないようにしましょう。本名や電話番後などは教えないようにして、連絡はフリーメールやLINEなどの使い捨て可能な手段を利用するとよいでしょう。損害賠償を請求されるケースは、身元がわかっている相手に対しておこなわれることがほとんどです。個人情報をもらさなければ、訴えられるリスクが少なくなります。

人妻と関係をもつかどうかはメリットとデメリットをくらべて判断しよう

交渉次第で逆援助の関係を結ぶことのできる人妻は、夫にバレると訴えられる可能性があるので、メリットだけでなくデメリットもあることをわかった上で関係をもつかどうか判断しましょう。ただ、出会い系サイトなどで知り合った人妻と付き合ったくらいで訴えられる可能性はほとんどないので、そこまで心配する必要はありません。