逆援助成功のコツ

好感度アップ間違いなし! 逆援女性とのデートでは相手のことをほめてあげよう

出会い系サイトや出会いアプリを使って逆援助を狙いたいけど、口下手でうまく会話できないかもしれないと不安な方はいませんか。
じつは、会話のなかに「相手をほめる」言葉を織り交ぜれば、簡単に女性からの評価をあげることができます。

細かいところをほめてあげることで喜ばせることができる

基本的に、女性に好感を持ってもらうためには、会話のなかで相手をそれとなくほめると効果的です。
バッグや服装、アクセサリー、髪型など、とにかく何でもいいので、細かいところを具体的にほめましょう。
男性だとお世辞ととらえられかねない会話でも、女性の場合は、「細かいところまで見てくれた」と、素直に喜んでくれます。

その上女性は、ほめられると頼み事を受け入れやすくなります。
ホテルに誘うときや、また会ってもらいたいときは、たっぷり相手をほめてあげることで、交渉がうまくいくようになります。

相手の愚痴には視点をそらしてほめる

女性の愚痴や悩みに対し、アドバイスや正論で答えてしまう男性をよく見ますが、これはNGです。
女性の愚痴や悩みの相談は、アドバイスを求めているのではなく、共感を求めています。
そのため、「大変だったね」というように共感を示すことで、親密感を演出できます。

また、視点をそらしてほめるのも有効です。
たとえば、「私って性格が暗いから」と愚痴られたときは、「暗いというより落ち着いている感じだから僕は好きだな」というように、「暗い」という視点を「落ち着いている」に変換してあげることで、相手をほめることができます。

何もないところから、相手のほめる部分を見つけるのは難しいですし、ほめるタイミングを掴むのも簡単ではありません。
しかし、相手が自分に関する愚痴を話題にしたときは、ほめる部分を作ることができる上、相手をほめるのにちょうどよいタイミングになるので、チャンスだと考えましょう。

相手をほめることは好感度をアップさせる会話の重要なポイント

会話のなかで相手をほめることは、女性からの好感度をアップさせるための重要なポイントです。
相手をうならせるような会話スキルがなくても、相手をほめるというポイントを理解しておけば、逆援助デートは成功へと一歩近づきます。