出会い系サイトや出会いアプリを利用して逆援助交際をしよう!

逆援助交際
「日常生活で逆援助交際してくれる相手に出会えない」
「逆援助を餌にした詐欺が多くて本当に援助してくれる女性が見つけられない」
とお悩みですね?

たしかに、逆援助交際を希望する女性はそれほど多くないため、リアルで探すのは簡単ではありません。
しかし、出会い系サイトや出会いアプリをうまく利用すれば、高い確率で逆援女性を見つけることができます。

逆援助交際は夢物語ではないものの難易度は高い

最近、「セックスの対価としてする女性からお金をもらう」逆援助交際が注目されています。
女性側が援助する逆援助交際は、現実離れした話に聞こえるかもしれませんが、けっして夢物語ではなく、ネットなどを見てみると、実際に逆援助交際をしたという体験談がいくつも見つかります。

しかし、多くの方にとって、逆援助交際の相手と出会うのは簡単なことではありません。
なぜなら世間では、「お金を払ってセックスしたいと考えるのは男性」というイメージが強く、逆援助交際を求める女性の絶対数が少ないからです。
ですから当然、普通のセフレを探すより、逆援助交際の相手を見つける難易度のほうがはるかに高くなります。

逆援助を求める女性のタイプは?

逆援助交際を求める女性は、基本的に2つのタイプに分けられます。
「暇とお金を持て余したセレブ」と
「欲求不満を抱えた人妻」
です。
なかにはセックスでストレスを発散する独身キャリアウーマンなどもいますが、たいていは、この2つのタイプに分かれます。

実は、逆援助交際の出会いやすさや援助の報酬額は、この2つのタイプのうち、どちらを選ぶかによって変わります。
逆援助する目的もタイプごとに異なるので、それぞれのタイプの違いを知っておきましょう。

セレブタイプは後腐れのないセックス相手を探している

セレブタイプの女性は、いわゆるお金持ちのマダムやお嬢様です。
彼女たちは、お金持ち独特の複雑な人間関係に疲れていることが多く、後腐れのないセックスをするためにお金で買えるセックス相手を探しています。

セレブタイプの女性は、金銭的に余裕があるため、逆援助交際では高額な報酬が期待できます。
ただし、セレブ女性は数が少なく、セレブ女性がみんな逆援助交際をするわけではないため、日常生活でこのタイプの逆援女性を見つけるのは簡単ではありません。
彼女たちと出会うには、セレブ御用達の場所やコミュニティに出入りする必要があります。

人妻タイプは欲求不満を解消するために逆援助を利用

近年、逆援助交際を利用しているアラサーやアラフォーの人妻は、かなりの数にのぼります。
35~40歳くらいで性欲のピークがくる女性は、同年代の男性より性欲が強いため、年齢の近い旦那とのセックスには満足できず、若い男との不倫に走るケースが少なくありません。
そこで彼女たちが目を付けたのが逆援助交際で、欲求不満を抱えた人妻は逆援助を利用して手軽に欲求不満を解消するようになったわけです。

人妻タイプは、セレブタイプの逆援女性にくらべ数が多く、わりと簡単に見つけられます。
彼女たちは、お金に余裕がないため、セレブ女性にくらべて高額な報酬は期待できませんが、逆援助の関係に依存するようになれば、ある程度のお小遣いは期待できます。
また、従順な女性が多く、男性が多少強気に出ても関係を続けたがるとういう特徴があります。

逆援助交際相手と出会うためには?

日常生活のなかで、なんとなく相手を探すだけでは、逆援助交際の相手を見つけることはできません。
逆援女性を探すときは、どんな女性をターゲットにするかよく考え、出会いやすい場所に網を張って効率的に探しましょう。

セレブが集まる場所の常連になる

逆援助交際を求めるセレブと出会いたいときには、セレブが集まる場所の常連になりましょう。
たとえば、都心にある24時間営業のスポーツジムやお洒落なバーは、セレブの女性がよく集まる場所です。
また、ある程度のお金がかかりますが、講師の質が高い英会話教室などに通うと、輸入雑貨販売などの仕事をしたいと思っているセレブ人妻と出会える可能性があります。

また、少し遠回りになりますが、異業種交流会やビジネスセミナーなどで、IT企業の社長などと知り合いになり、ハイクラスが集まるパーティに招待してもらうという方法もあります。
こういったハイクラスのパーティへの参加はセレブの紹介が必要だったりするので、一般人が参加するのは難しいですが、参加することができれば多くのセレブ女性と出会えるチャンスになります。

平日昼間にデパートやパチンコ店で人妻をナンパする

人妻と出会うには、平日の昼間にナンパするのがいいでしょう。
たとえば、平日の昼間にデパートなどでウインドウショッピングをしている30~40歳の女性は専業主婦の可能性が高く、狙い目です。
しかも彼女たちは、ある程度のお金があって暇を持て余しているので、ナンパすれば簡単に逆援助交際へと誘えます。

また、平日の昼間にパチンコ屋にいる女性も逆援助交際に誘える可能性があります。
なぜなら、彼女たちは、旦那がかまってくれない寂しさや日々の欲求不満を解消するため、ショッピングやパチンコにお金を使っていることが多いからです。
そのため欲求不満解消のためなら、セックスしてくれる男性にお小遣いを払うことに対してあまり抵抗がなく、理想的な逆援女性になってくれます。

ホストになって金払いの良い女性に気に入られる

ホストは、セレブ女性か人妻かを問わず、逆援助交際のきっかけがつくりやすい職業です。
ホストクラブに通う女性は、お気に入りのホストをトップにするために、数百万単位のお金を使うことも多く、そういった相手に気に入られれば、そのまま逆援助交際の関係になることもあります。

ホストクラブで大金を払うのは、会社社長などのセレブ女性が多いですが、ホストにハマった人妻やOL、キャバ嬢などがお金をつぎ込むケースもあり、そういった相手に援助してもらうこともできます。
ただし、ホストとして多くの女性から貢いでもらうためには、非常に大きな努力が必要です。

出会い系サイトやアプリが逆援助交際をするときにおすすめの理由とは?

このところ、出会い系サイトや出会いアプリを利用して、一夜の相手やセフレなどを探すのが流行しています。
これは、ネットやスマホが普及し、出会い系が手軽に利用できるようになったことと、悪質サイトが淘汰され、安全に利用できる優良サイトが増えたからです。

こういった優良出会い系サイトや出会いアプリは、セフレだけでなく逆援助交際相手を探すときにも非常に有効で、リアルで探すより、簡単・安全に相手を見つけることができます。

出会い系ならリアルより出会いが多く逆援助交際の成功率が高い

出会い系サイトや出会いアプリには、忙しくてセックスの相手を探す暇のないセレブ女性や、日常に出会いのチャンスが少ない人妻といった、リアルでは表に出てこない女性が出会いを求めて登録しています。

しかも出会い系に登録している女性は、間違いなく出会いを求めているため、スムーズな交渉ができますし、多くの相手にアプローチすることで逆援助の成功率がリアルにくらべて高くなります。
そのため出会い系は、逆援助交際をする上で重要なツールになっています。

優良出会い系を利用すれば詐欺などを心配することなく相手とコンタクトできる

ネットには、出会い系サービスのほかにも逆援助交際に利用できるサービスとして、無料の逆援助掲示板があります。
しかし、無料掲示板には、逆援助を餌にして男性ユーザーからお金や個人情報などをだまし取ろうとする詐欺や、別の有料サービスに誘導する悪徳業者が多いため、安全性に問題があります。

それに対して、有料にはなりますが長く営業している大手出会い系は、セキュリティがしっかりしており、悪質ユーザーの排除にも力を入れています。
そういった優良出会い系サイトを利用すれば、逆援助初心者でも安心して相手とコンタクトを取ることができます。

逆援助交際が向いている人とは?

逆援助交際は、お金を出す女性に男性が奉仕する関係です。
そのため、自分本位ではなく相手を立てることができる方に向いています。
もちろんセックスの能力が高いほうが好かれますが、セックスが平凡でも女性の立場に立って不快感を与えないセックスができる男性は、より長く関係を維持することができます。

また、逆援助の相手はある程度年齢を重ねた女性のほうが多いので、若い女性が好きな人より、熟女好きの人のほうがストレスなく付き合えます。
セックスに関しても、淡白な人より、女性が要求するさまざまなプレイに付き合える人のほうが向いています。

逆援助交際の成功率をあげるコツを紹介

逆援助交際は、はっきりいって狭き門です。
たくさんのライバルを押しのけて相手を見つけるためには、ある程度の運が必要ですが、少しでも出会える可能性を広げるためのコツを知っておきましょう。

相手が何を考えているのかを理解する

逆援助交際では、女性の要望を叶えられる男性が求められています。
そのため、ターゲットが何を考えているのか理解して、その考えに沿って行動すると関係がうまくいきます。

たとえば、相手が人妻の場合、相手は欲求不満のほか、旦那からかまってもらえない寂しさを感じていることがよくあります。
そのため、出会い系のプロフィールやメールのやり取りから、寂しさを感じている人妻にターゲットを絞り、寂しさを癒やしてあげるように対応すると、相手から好感を持って見られるようになり、スムーズに関係がつくれます。

関係が続くうちに報酬額があがるので最初は報酬にこだわらない

援助交際にくらべて、逆援助交際では、いきなり多額の報酬を払ってくれることはほとんどありません。
これは、逆援助をしてもらいたい男性が多いため、女性からすすんで多額の報酬を払わなくても、相手を見つけられるからです。
そのため、最初から高額の報酬を要求する男性は、相手にされないと考えたほうがよいでしょう。

しかし女性は、いちど肉体関係を持った相手に愛情を感じる傾向があり、関係を長く続けるほど相手に執着します。
そのため逆援助交際では、最初の報酬が少なくても、関係を継続していくうちに報酬額が増えることは少なくありません。
逆援助交際を成功させるために、最初は報酬額にこだわらず、相手が自分に執着するようにしましょう。

出会い系を利用した逆援助交際の体験談を紹介

3歳年上の人妻と定期的にエッチしてお小遣いをもらっています/クサビさん/32歳

私のようなフツメンでも、出会い系サイトで逆援助交際できました。
相手は、私より3歳年上の主婦です。
プロフィールに欲求不満だと書いてあったので、自分と付き合えば解消できるとアピールして落としました。
今では1ヶ月ごとにお小遣いをもらいながら定期的にエッチしてあげています。

報酬につられて40代セレブ女性と体の関係に/もりさん/27歳

たまたま、出会い系アプリでセレブの女性と知り合い、逆援助交際をするようになりました。
相手は、40代のオバさんで、最初のうちはデートをするだけの関係でしたが、セックスすれば報酬をくれるという言葉につられて、今では体の関係になっています。
最初は萎えないか心配でしたが、案外楽しめています(笑)。

一夜だけの相手と逆援助交際することに/トマト祭りさん/34歳

出会い系サイトを使った結果、偶然逆援助交際するようになりました。
相手は、一夜だけの関係のつもりだった38歳の人妻です。
それほど好みの相手ではなかったものの、体の相性が良かったので、逆援助のオファーを快諾しました。
相手は性欲の強いタイプなので、いろいろと大変なこともありますが、おおむね満足しています。

逆援助交際に出会い系を利用するときのQ&A

Q1:出会い系でサクラにだまされるのが怖いのですが

出会い系サイトのなかには、男性ユーザーにサービスを長く利用させるため、出会えそうなフリをするサクラが隠れている場合があります。
しかし、悪質なユーザー対策に力を入れている大手の優良出会い系サイトを利用すれば、出会い系初心者でもサクラの被害に遭う確率を下げることができます。
サクラに会いたくない方は、そういった大手の出会い系を利用しましょう。

Q2:出会い系サイトで出会った相手とトラブルになったらどうしたらいいですか?

出会い系サイトでは、相手と出会ったあとのことは、自己責任となります。
ただし、ほとんどのサイトでは、匿名でも利用できるため、逆援助の相手に自分の個人情報を教えなければ、トラブルに巻き込まれても、安全に逃げ出すことができますし、ダメージも最小限で済みます。

Q3: 別の出会い系で連絡しようといわれました

出会い系サイトを利用する際は、メールなどの送信に料金が発生します。
そのため、やり取りするなかでメアドやLINEのIDなどを交換して、出会い系の費用を節約するのが一般的です。
しかし、なかには別の有料出会い系に誘導する悪質な業者もいます。
別の出会い系に登録してもメリットはないので、誘導されたときは、それ以上連絡を取るのを止めましょう。

自分好みの相手を見つけて逆援助交際したいなら出会い系を利用しよう

セフレと違い逆援助の関係になれば、セックスするだけで報酬まで手に入れることができます。
とくに自分好みの相手との逆援助交際なら、セックスも楽しめるため、メリットしかありません。
もちろん、好みの逆援女性を見つけるのは簡単ではありませんが、ターゲットが多い出会い系サイトや出会いアプリなら、それほど苦労せずに相手を探せるので、ぜひ試してみてください。